損害賠償

塾で起こる様々な事故に備え、運営者が加入すべき保険

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは、塾内や行き帰りの最中に起こりえる様々な事故に備え、保険に加入していますか?
看板の立て付けが悪く通行人に当たってしまった、塾内で生徒が転倒し怪我をしてしまった、生徒が他の生徒の持ち物を壊してしまった、など考えられる事故はたくさんあります。

学習塾、ピアノ教室、習字教室など、色々な塾がありますが、【評判】【口コミ】などは塾ビジネスを展開していくなかで非常に大切な要素だと考えられます。
万が一事故が起きた時に『あそこの塾は何もしてくれなかった』という悪評が立ってしまうと、あっという間に情報は拡散され、生徒も別の塾へと流れてしまうかもしれません。
一度失った評判を取り戻すことはなかなか難しく、その様な事態は必ず避けるべきですよね。

そのためにも、塾をしっかりと守れる保険に入る必要があるのです。
この記事ではどの様な保険が塾に必要なのか、解説をしていきますので、ぜひお読み下さい。

1.塾総合保険でほとんどの事故を補償できる

読んで字のごとく、塾で起こる事故を総合的に補償できるのが、【塾総合保険】です。
この保険では大きく分けて3種類の事故を補償することができます。

1.塾側の管理責任を問われる賠償事故


○キャビネットの設置が不安定で、ふとした瞬間に倒れ、生徒が下敷きになり大怪我をした。
○塾の看板が風で倒れ、通行人に当たり怪我をさせた。

その他にも、塾の行き帰りで交通事故にあった、変質者に襲われた、などの場合に塾側に管理責任が発生するかしないか、という点も心配事のひとつですよね。
車通りが多いにも関わらず警備を用意せず、車にはねられてしまった、といった事故が起きたとき、車の運転手の落ち度はさることながら、警備を用意しなかった塾にも責任が問われてしまうことも考えられます。
責任が曖昧な際には保険会社が事故の状況を整理していきますが、塾側にも過失があると判断された場合はこの保険で対応できる可能性があります。

2.生徒が起こしてしまった賠償事故


○塾内でふざけながら走り回っていた生徒が、他の生徒にぶつかり怪我をさせた。
○生徒が教室内に入るときに、授業で使用するテレビに誤ってぶつかり壊してしまった。

この様な賠償事故については、裁判まで発展してしまった際の訴訟費用や、お見舞金なども補償の対象にすることができます。

3.生徒の怪我


○自転車で塾へ向かっているときに転び、骨折をしてしまった。
○塾から帰宅する際に、階段から落ちて怪我をしてしまった。※塾に過失が無い場合

生徒の怪我ついては、補償できる事故は以下の通りいくつか条件があるので注意が必要です。

  • 授業に出席している間
  • 塾の施設内にいる間
  • 塾が主催する合宿や模擬試験に参加している間
  • 自宅や学校からの往復途中

なお、生徒の学力や能力が上がらないことにつき、保護者から損害賠償をされたときなどは補償の対象になりません。
また、塾が提供した軽食や飲み物を原因とした事故については補償ができないため、別の賠償責任保険(いわゆるPL保険)で補償ができる可能性もあるので、必要に応じて加入をしましょう。

1-1.保険料は生徒数で決まる

塾総合保険の保険料は生徒数で決まります。
保険会社によってまちまちですが、一ヶ月あたりの平均生徒数、年間累計などがあります。
また、人数によっては割引も適用できるため、見積りを取る際に適用可能かどうか確認をすると良いでしょう。
なお、こちらも保険会社によって異なりますが、免責金(自己負担額)があらかじめ設定されてしまう商品もあるため、注意が必要です。

例えば、
免責金3万円の契約条件と仮定
塾に過失があり、生徒に怪我をさせてしまった。
その結果、治療費や慰謝料などで3万5千円の損害賠償金を払うことになった。
35,000円-30,000円
=5,000円
となり、保険からは5,000円が補償される。

この様に十分な補償を受けられなくなってしまいますが、その分保険料が割安になりますので、加入の際に検討しましょう。

1-2.塾総合保険に加入できない塾もあるので注意する

○野球や水泳といったスポーツを指導する塾
○小学校入学前の未就学児、乳幼児を対象とした塾
この様な塾は一般的な学習塾などに比べ、事故が起きるリスクが高いことから、加入できないことがあります。

しかしながら、企業向けの賠償責任保険で補償できる可能性があるので、諦める必要はありません。
その際、保険料の計算に必要な情報や、料率、補償の内容などは塾総合保険と異なりますので、保険会社や代理店に相談をしましょう。

2.設備や造作には火災保険も必要

先ほど、生徒が塾の物を壊したときは賠償責任保険の部分で補償ができる、と解説しましたが、場合によっては塾側が生徒を管理していなかった、という判断で全てが補償されないことがあります。

例えば
生徒が塾のテレビを壊してしまい、修理に30万円の費用が掛かった。
塾総合保険で保険金の支払を進めたが、塾が生徒をしっかり管理していなかったとして、50%は塾も負担するべき、と判断された。
→30万円×50%=15万円
として塾総合保険から15万円からの支払となった。

つまり、損害の金額と保険からの補償に差が出てしまうケースがあります。
この様なとき、火災保険を掛けておくことで足りない部分を補える可能性があるので、加入しておくことをお勧めします。当然のことながら、火事や台風などの自然災害による被害のときにも役に立つ保険です。
テナントで賃貸契約を結んでいるときは、契約時に企業向けの火災保険に加入しているケースもあります。
しかしながら、補償が十分でない可能性もあるので、既に加入をされている方は内容を確認し、必要に応じて見直しをしましょう。

まとめ

記事のなかでもお伝えをした通り、塾は【評判】が非常に大切なビジネスだと考えられます。
あそこの塾に行くと成績がよくなる、講師のクオリティが高い、など様々なことが挙げられます。
時間や労力をかけて作り上げた評判を、塾で起きる事故やそのときの対応で失わないように守るため、保険に入るのもひとつの手段です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「カイシャのホケン」執筆陣への”法人向け損保”のご相談を受け付けております。

弊社では損害保険のプロとして、年間500件以上のお客様の事故対応を処理している実績があります。
事故対応の豊富な経験を元に業種や売上、従業員数を踏まえて最適な保険の提案を行ってまいりますので、ご相談、お見積、保険の見直し等、お気軽にご連絡くださいませ。

お電話でのお問い合わせ・ご相談はこちら

お気軽にお問い合わせください

お気軽にお電話ください

お電話でのお問い合わせ・ご相談はこちら

無料相談・お問い合わせはこちら

SNSでもご購読できます。

SNSで最新情報をチェック

コメントを残す

*